ダイソンのエアラップ、高級品なのでお手入れもしっかりして大事にしたいもの◎

わかった

そこでこのページでは、ダイソン【エアラップ】のお手入れ方法について、ご紹介していきます!

説明書を見るだけだと「ちょっとよく分からない><」と思いましたが、実際にやってみるととても簡単でした♡

順番に写真をあげていくので、同じようにやってもらうだけで大丈夫です^^

エアラップの掃除方法は?

エアラップを掃除する部分はたった1か所!
本体の根元の部分だけです。

STEP1:フィルターの上から掃除する

準備するのは、付属のブラシです。↓

小さな黒い箱に入っているものです。
輪っかの中に細かいブラシがあります。

コードの部分からブラシを差し込み、フィルターまで移動させます。

フィルターの上にセットできたら、上下に動かすだけです◎

数回動かしたら、またコードの部分までおろしてブラシを外します。

わかった

今回、まだエアラップを1回しか使っていない状態でしたが、すでにブラシに小さなホコリがついていました。

STEP2:フィルターを外して洗う

次に今掃除したフィルター部分を外します。

フィルターをもって、コードの方向に力を入れると外れます。

フィルターには分かれ目があって、その部分を開くことができ、
コード部分まで移動させて、開いた分かれ目からフィルターを外します。



わかった

これでフィルターが外れました◎

次にフィルターを水洗いします。

洗えたらしっかり振って水分を落とし、タオルで拭いておきます。

STEP3:吸い込み部を掃除する

フィルターをとりつける前に、フィルターの下にあった金属の吸い込み部を掃除します。

このときも先ほどのブラシを用意して、同じように上下に動かすだけでOKです。

ここまでで掃除自体は終了です◎

STEP4:部品を元に戻す

最後に外した部品を元に戻すステップです。

洗って乾かしておいたフィルターを同じようにまた開けて、コードの部分に通します。

フィルターの●の印と、本体のdysonと書いてあるところを合わせて、カチッというまではめると・・・

これで元通り◎

ピース

一度やってみると、とても簡単です♡

エアラップは風を吸い込む力が強いのが魅力ですが、その分ホコリもフィルターにつきやすいです。

ホコリが詰まっていると本来のパワーが発揮できないので、定期的にお手入れするようにしましょう◎

参考になれば幸いです^^

ダイソン【AirWrap】公式ページ