ノビーヘアアイロンの詳細

プレート 特殊加工セラミック
重さ 325g
温度設定 60℃~200℃
14段階
温度上昇スピード 18秒
自動電源オフ 30分
カール対応
価格:
9,980円(税抜)

購入ページ


CHECK!! プロ用ヘアアイロンNobbyをお家でも!

Nobbyはテスコムのサロン専用ブランド。

実際のサロンでも3店舗に2店舗はNobbyを使っているというくらい、圧倒的なシェアを誇る老舗メーカーです◎

今回おススメするのはNobbyNIS3000というモデル!
このモデルはサロンで実際に使われているヘアアイロンを、そのまま一般向けに使いやすく、また手に取りやすい価格に開発した最新機種です。

「業務用にはあったほうがいいけれど一般家庭では使わない・・・」という機能を省き、「素人でも簡単にスタイリングできる機能」を追加して改良。

疑問

プロ愛用のヘアアイロンを自分でも使いたい!
でもわたしに使いこなせるのかな・・・

と今まで不安だった人に、Nobbyのこの一般向けモデルはかなりおすすめ!
慣れていない人でもキレイに仕上がると評判です◎

わかった

価格もこの機能で約10,000円なのは、同スペックヘアアイロンと比べてもかなり安いです◎

>>Nobbyを詳しくみる

ノビー業務用モデルとの違い

疑問

業務用モデルとこの一般向けモデルは具体的に何が違うんだろう?

と最初分からなくて、悩みました。

ちゃんと違いを知りたいという方もいると思うので、ここで少し説明しておきます◎

違いはまず

  • 温度単位が5℃→10℃
  • 温度モードが3種類→2種類

↑この2点が一般向けモデルではスペックダウンしています。

でも温度単位は一般用だと20℃きざみが普通だし、10℃きざみでも十分細かいです。

また温度モードが1種類減ったけれど、よく使いそうなパワーモード・ケアモードはちゃんと残っていて、あまり特徴のない標準モードが減っただけなので、全く問題なしと判断◎

さらに、このモデルのほうが業務用モデルよりも家庭用により使いやすくなった点が下記の3点です。

  • カール対応のクッションプレート
  • 温度上昇スピードがアップ
  • 家庭用に便利なコード長さ
    (3m→1.8m)

温度単位・モードはスペックダウンしていますが、それ以外の基本的な機能は全く同じ◎
さらに家で毎日使う用に改良もされていて、その上価格も約10,000円も安くなっています◎

色々調べて、

わかった

ノビーを普段使うなら業務用モデルでなくて、この一般向けモデルがよさそう♪

と思い、ノビーNIS3000を買うことに決めました◎

ノビーNIS3000を購入!

購入したのはこちらの正規代理店です。
色々調べて、価格は最も安いわけではなかったんですが、正規代理店だと他のお店と1,000円位の差で1年→2年保証になるのが魅力で購入しました◎

注文して翌日にもう到着♥

中もしっかり丁寧に梱包されています◎

ちなみにNOBBYはヘアアイロンには珍しくメイドインジャパンです◎
(色々ヘアアイロンを買ったけれど、国産はこれだけなような気がします)
全て長野県松本市の工場で作られているそうでなんとなく安心感♪

付属品はこちら

本体と説明書・ノビーのリーフレットです。

本体をじっくりみていきます◎

オールブラックのシンプルなデザインでかっこいい感じ!

手触りはマットな感じで握りやすく、重さも325gなので軽めに感じます◎
(一般的なヘアアイロンは350g~400のものが多いです)

コンセントの長さも1.8mで、長すぎず短すぎずちょうどよい長さです。

プレートはツルっとしていて、1本ラバー状のラインが入っています。

このラバーのおかげで、ただ滑りが良いだけでなく髪を落とさずキャッチする役割をしてくれるそうです◎

プレートに近づいてみると・・・

このように側面の角がちょっと丸みを帯びています。

ここが鋭い角になっているアイロンも多いのですが、なだらかな丸みを帯びていると少し毛先を内側に入れたいときにカクっと折れません◎

また片方がクッションプレートになっていて、プレートの端を押すと少し沈むようになっています。
プレートに適度なクッション性があることで、不器用なひとでもムラなく、また毛先カールも自然に仕上がります♥

クッションプレートはプロ用モデルにはないですが、一般人が使うのにすっごく使いやすい性能です◎

温度操作は側面のパネルで行います。↓

一番右の電源ボタンでON→モードを選択→+と-で温度を設定します。
操作せずに数秒たつとロックがかかるので、素早く設定してください◎

(※ロックがかかったら解除ボタンを二回ピピッと押すと解除できます)

温度は60℃~200℃と幅広くて、さすがのスペック。
低温設定ができるので、ウイッグにも使えるそうです◎

モードはパワーモードとケアモードの2種類があります。

パワーモードは、髪をはさんだ時にも温度が下がらないように内部ヒーターで一定の温度を保つモードで、業務用ブランドならではの機能◎
根元から毛先までムラなくツヤツヤに仕上がります。

ケアモードは、痛んだ毛先に向かうにつれて少し温度を下げる機能で、毛先が痛んだダメージヘアにはケアモードがおすすめです◎

今回はパワーモードの180℃に設定しました。

リアルタイムで温度変化がわかるので見ていて楽しいです◎

その時の気温によって多少前後しますが、この時は44秒で180℃にセッティングできました!
2分前後かかるヘアアイロンが多い中、このスピードはすっごく早いです!

ノビーはプレート裏面に布っぽい耐熱加工があるので、裏面はほとんど熱さを感じないくらい。

前髪や襟足部分に使うときもヤケドの心配なく使えます◎

早速使ってみます!

まずびっくりしたのが、髪のホールド感がすごくあること!

滑りがよくてなめらかなプレートは、ギュッと力を入て挟まないと髪がハラハラと落ちちゃう感じがあるものなのですが、
ノビーは、力を入れなくても髪が落ちないんです◎

プレートにある1本のラバーが髪をキャッチしてくれていて、とってもいい役割をしていることがすごくよく分かります。

また挟んだ髪を落とすことなく伸ばしてくれるので、仕上がりも早い!と感じました◎

またラバーのおかげかパワーモードのおかげか、そのどちらもかもしれませんが、1回でクセがピシーっと伸びるんです!

ですので、クセの強い髪質でも、全然大丈夫◎

髪の表面が揃う感じで、とってもツヤツヤに仕上がりました♥

ノビーはプレート裏面の耐熱加工があるので、クルクルの巻き髪はできませんが、


↑これくらいの内巻きなら簡単にできます◎

写真ではツヤツヤ感が伝わりにくいですが、実際はすごくしっとりツヤツヤしていて、手触りもツルツル!

自分でここまでツヤツヤヘアにできるなんて、さすが業務用ブランドです♥

最後は電源をオフして、コンセントを抜いて終わりです。

コンセントは軽い力で抜けるようにレバーみたいなのがついていて、断線での故障も防げるそうです◎

また裏面耐熱で熱くなっていないので、置き場所にも困らないのも良いです◎

>>Nobbyを詳しくみる

ノビーのヘアアイロンを使ってみた結果!どんな人におすすめ?

ノビーのヘアアイロンを使って思ったのは、クセを伸ばす力がすごくある!ということ◎
一度のスライドでここまで伸びたヘアアイロンは他になくて、業務用ブランドってやっぱりすごい!と感動しました。

ノビーのデメリットは、プレート裏面に耐熱加工があるので巻き髪カールはできないこと。
(耐熱加工のおかげでヤケドをしにくいのがメリットなのですが)
また海外兼用ではないので、海外旅行に持っていくことができません。

ですので、「ストレートアイロンで巻き髪も楽しみたい!」「海外でも使いたい」という人にはノビーはおすすめしません。
カール対応&海外兼用であれば、絹女ワールド(12,960円)というアイロンがぴったりです◎

関連記事

>>絹女ワールドのレビュー記事


ですが、

  • 自然な毛先内巻きができれば十分
  • クセが強いけれどツヤツヤストレートにしたい
  • 前髪や襟足部分もヤケドの心配なく根元から伸ばしたい
  • 家庭でも使いやすい、プロ用ブランドが欲しい
  • 海外では使わない

以上にあてはまる方にはノビーのこのモデルはかなりおすすめ。

業務用パワーはそのままに、一般人でも使いやすく改良されているので、自分でもサロンでの仕上がりを再現できます◎

>>Nobbyを詳しくみる

まとめ

ノビーNIS3000をレビューしました。

最初はノビーの業務用モデルのほうを買おうと思っていましたが、新作の一般向けモデルにして大満足でした♥

買ったばかりなので当サイトヘアアイロンランキングにはまだ入れられていませんが、1位か2位のどちらかにランクインする程の実力です!

使いやすくて本格的なヘアアイロンが欲しい方にピッタリなので、きっと満足すると思います◎

あなたのヘアアイロン選びの参考になればうれしいです。

\ ノビーヘアアイロンをおうちでも /

(★メーカー2年保証付きです)


特集!痛まないヘアアイロンでツヤツヤヘアを手に入れよう!

\ CLICK!! /