• 夜、しっかりシャンプーをしても朝起きるとベタベタ
  • 1日お風呂に入らないだけで何日も洗ってないみたい
  • 髪が乾きにくい

これ、全部以前のわたしのことでした。

ちゃんとシャンプーしてるのに朝になったら髪がべったり張り付くような感じ。

また髪がオイリーなせいで、ドライヤーで乾かすのにとても時間がかかってしまっていました。
美容院でブローしてもらうときも「乾きにくいですね」って言われるくらい。

もともとはサラサラヘアだったはずなのに、いつの間にかベタベタした不潔な髪になってしまって、でも何が原因だったのか全然分かりませんでした▲

でも長い間悩んでいましたが、ある日美容院で教えてもらった方法を試してみると、1か月後にはほとんどもとのサラサラヘアに戻ったんです◎

わかった

同じように髪がベタベタで「なんで?涙」と思っている人も多いかもしれないと思い、その方法について書いてみます。

参考になれば嬉しいです♥

髪がベタベタする原因

髪がベタベタする原因は髪の根元である毛穴にあります。

皮脂が詰まって脂っぽい毛穴から生えてくる髪は、どうしてもオイリーなベタベタした髪質になることが多いです。

油で髪そのものが重くなってしまっているので根元も立ち上がりませんし、頭にペタッとはりついた状態に。

シャンプーで一時的に表面の油は落とせても、朝起きるとまたベッタリしているのは、元の髪が重いのと、毛穴から過剰に皮脂が分泌されているからです。

ですが、ベタベタした髪は毛穴のつまりを解消することで、だんだん改善していきます◎

わかった

毛穴の詰まりがなくなると新しく生えてくる髪の質が良くなっていくので、次第にふんわり立ち上がるサラサラヘアになっていきます。

毛穴のつまりをなくすためにやってみたこと

わたしが美容師さんに教えてもらって、やってみたことをご紹介します。

1か月意識してやってみたところ、あんなに悩んでいたベタツキが全然気にならなくなりました。

あれから3年たった今も、ベタツキで悩むことは全くありません。

以前は朝シャンプーしても夕方にはベッタリしていたのが、今は1~2日シャンプーできなくても全然分からないくらいです◎

頭の毛穴も顔と同じように、28日前後でターンオーバーして生まれ変わると言われているので、ぜひまずは1か月やってみてください◎

ポイント① シャンプーをかえる

まずシャンプー・トリートメントをかえました◎

当時ラックスを使っていたのですが、オイリーな毛穴にはしっとりしすぎていたみたいです▲

本当は美容師さんと相談して選んでもらうのがベストみたいなんですが、当時のわたしには値段が高かったので、ドラッグストアで売っているノンシリコンシャンプーにしました◎
最初はキシキシするような気がして物足りなかったですが、すぐに慣れました。

肌に使う基礎化粧品はオイリー肌・乾燥肌によって合うラインを選ぶように、髪もその時の悩みによって合うシャンプーを選ぶのが大事です。

オイリーなニキビ肌に濃厚な保湿剤は使わないのと同じで、髪もべったりしているのならしっとり系のシャンプーはNG。

でも、例えばCMでやっているようなシャンプーは【しっとり】【まとまる】な濃厚系が多くて、わたしが使っていたラックスの他に、例えばアジエンスとかTSUBAKIも重めのシャンプーです。

もしあなたが今使っているシャンプーが、しっとり&まとまり系であれば、思い切ってさっぱり系やノンシリコンタイプに変えてみてください。
わたしは

疑問

シャンプーでそんなに違いある?

と思っていましたが、シャンプーを変えた効果はすごく大きかったと今ではすごく思います。

ドラッグストアのでももちろん良いですが、もし余裕があればサロン専売のもののほうが髪のためには一番よいです◎
行きつけのサロンがあれば相談してみてください。

また1週間に1回程度、炭酸シャンプーで毛穴を徹底クレンジングするのもとても効果的です。

当時はわたしは炭酸シャンプーを知りませんでしたが、今は「なんかベタつく気がする・・・」と思うときに炭酸シャンプーでケアしています。

わたしが気に入って使っているのはルメントという炭酸シャンプーです。

ごっそり詰まりがなくなる感じで、めちゃくちゃスッキリするので

「とにかく早く毛穴の皮脂をなんとかしたい!」

という方は、炭酸シャンプーを取り入れてみると、より早く効果を感じられますよ。

でももちろんシャンプーをさっぱり系に変えるだけでもかなり違うので、余裕があれば炭酸シャンプーもいいですよ◎という感じです^^

ポイント② シャンプーと一緒に頭皮ケアマッサージ

当時のわたしの毛穴は、皮脂が詰まっているうえに、とても疲れている状態だと美容師さんに言われました。

通常、毛穴は丸い形をしているのですが、疲れて横長の毛穴になっていたそうです。
ストレスとかデスク作業が多いと、疲れが毛穴にもでてくるそうで、健康な毛穴からは健康な髪が生えないといわれました。

わかった

そこでおススメされたのがシャンプーのときの頭皮のマッサージです。

まずシャンプー前の準備として、ブラシでザッと全体をブラッシングします。

ブラッシングすることで余分なホコリがとれ、泡立ちがよくなります◎
今あるブラシでもいいですが、できればマッサージ用のブラシを買うのがおすすめです。

わたしは美容師さんにおすすめされてタングルティーザーというブラシを買いました◎

それまで使っていたどんなブラシよりも絡まないのにまず驚き、またマッサージもすごく気持ちよくて3年たった今でも毎日使っています。

(タングルティーザーについてはこちらの記事で、詳しく選び方などを書いています。
ベタツキ解消であれば、まずお風呂用のブラシがおすすめです◎)

シャンプー前のブラッシングは、下からつむじ方向に向かって流れに逆らうようにしてください。
そうすることで汚れやホコリが落ちやすくなります。

またシャンプーをするときもブラシを使って頭皮を刺激するようにマッサージしながらすると、毛穴の汚れが落ちやすくなります◎

顔のクレンジングをするとき丁寧にマッサージしながらする人が多いと思いますが、頭皮も同じです。
毛穴の汚れを落とすイメージでシャンプーしてみてください。

最後に指の腹を使って、頭皮全体をグイグイとマッサージしてシャンプーを終えます。
血行がよくなって、スッキリしているはずです。

私はそれまでシャンプーは「泡立てばOK♪」くらいの気持ちでやっていたので、ここまでしっかりシャンプーして初めて「シャンプーってこういうことか・・・」と思いました汗。

シャンプーは、髪を洗うというより、頭皮の汚れを完全に落とす!というイメージでやってみてくださいね。

ポイント③ トリートメントは地肌につけない

さっぱり系のシリーズを使うと、どうしてもシャンプーだけでは髪がキシキシするかもしれません。

トリートメントで潤いをプラスしましょう◎

でもここで大事なのはトリートメント剤を頭皮につけないこと!

べたべたが気になる髪質だと基本的に油分は足りているはずなので、トリートメント剤は髪の真ん中から毛先だけで十分です。
頭皮につけてしまうと、トリートメント成分が頭皮に残ってしまうので絶対NG。

また、このときも先ほどのブラシでなじませるようにすると1本1本に栄養を届けることができるのでおすすめです。

またトリートメント後のすすぎもしっかりするようにしてください。
「にゅるん」とした質感が残っていたら、まだトリートメントが残っているということ。

わかった

トリートメント成分は髪にしっかり入っているので、残った分は髪表面に残らないようにしっかりすすぎましょう◎

ポイント④ 濡れた髪はすぐに乾かす

お風呂から上がったら、すぐにドライヤーで乾かしていますか?

わたしがベタベタ髪で悩んでいた時は、ドライヤーをしたりしなかったり、面倒で半乾きのまま寝てしまうことがよくありました▲

髪が濡れたままだと、毛穴にも雑菌が繁殖して、それもベタつきの原因になってしまうそうです。

ですので、お風呂から上がったらできるだけ早く完全に髪を乾かすことが大事です◎

90%程度ドライヤーで乾かして、残りは自然乾燥がいいという話も聞いたことがありますが、100%乾かして大丈夫です。

完全に乾いていないと、キューティクルが閉じ切らずに傷つきやすい状態のまま。

ドライヤーで髪が痛んでしまいそう・・・と思うかもしれませんが、濡れた状態が長いほうが髪にはよくありません。

シャンプーのあとは早く完全に乾かすことが大事です◎

まず1か月やってみて

わたしがやったことをまとめると・・・

  • シャンプーをさっぱり系にかえる
  • 頭皮の毛穴汚れを落とすイメージでシャンプーをする
  • トリートメントは地肌につけない
  • シャンプー後は早く完全に乾かす
わかった

これらの4点を、まず1か月間意識してやってみてください◎

わたしも髪のベタツキで悩んでいたとき、これらのことをして1か月くらいでかなり髪質が良くなりました◎

同じようにベタベタな髪質になってしまった人でも、毛穴の状態をよくすること、本来のバランスのよい髪質に生まれ変わります。

「本当かな?」と思うと思いますが、全て髪にとってはメリットしかありませんので、とりあえず1か月やってみてください◎

きっと同じように、気づいたころにはベタツキが気にならなくなっているはずです。

是非、参考にしてみてくださいね^^