疑問

ストレートアイロンって何度で設定できるものを選べばいいの?
ブランドによって微妙に違うみたいで、どれが一番いいか分からない。

ヘアアイロンの選び方で大事なものの1つが【温度設定】です。
正しい温度設定ができるヘアアイロンを選ぶことが、髪を痛めないために重要なポイント!

このページでは

  • ヘアアイロンの最適温度は何度?
  • あなたにピッタリの温度の探し方
  • ヘアアイロンの温度設定での選び方
  • 各種人気ヘアアイロンの設定温度まとめ

についてご紹介します。

笑顔

これからヘアアイロンを選ぶ方・はじめてヘアアイロンを使う方の参考になれば嬉しいです。

ヘアアイロンのスタイリング温度は?

わかった

平均的な日本人の髪質だと、170℃で設定するのがベスト。

一度でキレイにスタイリングでき、また髪も痛めない温度が170℃程。
普通髪質の方は170℃を目安にスタイリングしてください。

もしあなたの髪が普通よりも髪が太いor細いなどクセがある場合、最適温度は170℃からずれます。
あなたにとってピッタリの温度でスタイリングするのが髪を痛めないカギ!

髪質が太い・固い・クセが強い方

わかった

クセの強い髪だと180℃~200℃でスタイリングすると◎!

170℃だと一度でクセが伸びないことが多いです。
その場合は、もう一度髪をはさんでやり直すのはNG。
髪を痛めてしまいます。
少し温度を上げてでも、一度でサッとスタイリングできる温度にすると◎。

柔らかい・細い髪質の方

わかった

140℃程度から少しずつ温度を上げて試してみて。

デリケートな髪質の場合、170℃まで温度を上げると髪を痛めてしまうことも。
もっと温度を下げてもしっかりクセが伸びるなら、できるだけ温度を下げて使うと良いです。
髪が細い・柔らかい方は140℃程度から温度設定できるものを選んでみてください。
髪のダメージが気になる方も、低い温度から試してみてくださいね。

関連記事

>>低温ヘアアイロンのおすすめ商品を厳選!

最適温度の調べ方


あなたにとっての最適温度は、毛束を薄く5cm幅とって根本から毛先へワンスルーしてツヤが出る温度

低い温度から少しずつ温度をあげて探してみてください。
ツヤが出た温度があなたにピッタリの温度です。

例えば160℃でツヤが出たなと感じた場合は160℃がベスト温度!
160℃でツヤが出たら、170℃・180℃にする必要はありません。
ツヤが出る最低温度で使うようにするのが正解です

またヘアアイロンは180℃で3秒以上同じ場所にあてると髪のキューティクルが溶け始めます。
一度溶けたキューティクルは二度と元には戻らないので、高温には特に注意して使ってください。

わかった

ヘアアイロンを買ったらまずあなたにとってのベスト温度を調べてくださいね◎!

ヘアアイロンを温度幅・調節方法で選ぼう

ヘアアイロンの中には200℃以上に高温設定できることをウリにしているものがあります。
なので、

疑問

できるだけ高温になるものが良い?

と思うかもしれませんが、プロでない私たちが200℃以上でスタイリングするとほぼ100%髪を痛めます。
なので【高温設定できるもの】でなくても全然大丈夫。
もちろん高温設定できるものがダメというわけではなくて、最高200℃程度のものでも問題ないということです◎

高温設定よりも大事なのが【細かく温度を変えられるか】。
あなたにとってのベスト温度でスタイリングするのが髪を痛めないために最も大事なこと。

わかった

140℃~200℃の幅で、20℃単位より細かく設定できるのものを選ぶようにしましょう◎

プチプラヘアアイロンだと【HIGH/LOW】だけのものあるので気を付けてくださいね。

まとめると↓

  • 140~200℃の温度幅を含むこと
  • ~20℃単位で細かく設定できること
笑顔

上記2点に気を付けてヘアアイロンを選んでください。

人気ヘアアイロンの温度設定は?

ストレートアイロンは種類がたくさんありますが、特に人気のストレートヘアアイロンの温度設定についてまとめてみました。
最適温度までの上昇スピードも、実際に使う時に大事なので一緒にまとめています。
選ぶ時の参考にしてみてくださいね。

機種 温度幅・単位 スピード
絹女 130~200℃
10℃単位
20秒
絹女ワールド 140~200℃
20℃単位
35秒
アレティ 80~200℃
5℃単位
30秒
ヘアビューロン 40~180℃
20℃単位
2分
サロニア購入ページ 120~230℃
20℃単位
1分
Panasonic
ナノケア
130~200℃
15℃単位
30秒
クレイツ
ホリスティックキュア
120~200℃
20℃単位
60秒
クレイツ
アフロート
100~210℃
10℃単位
60秒
ADST 60~180℃
20℃単位
30秒
VS
マジックシャイン
140~200℃
20℃単位
60秒

最も細かく設定できるのはアレティの5℃単位です。
低温80℃~高温200℃まで温度幅も広く、またセッティングまでの時間も30秒ととても早いので機能的!

ピース

アレティはデリケートな髪質から強いクセ毛までオールマイティーに使えてコストパフォーマンスも◎。


>>アレティ【ストレートアイロン】

関連記事

【写真付口コミ!】アレティのストレートアイロンってどう?


わかった

特に髪の痛みやすい方・髪が細く柔らかい方はアドスト・ヘアビューロンがより低温設定でき髪に優しくおすすめ。

どちらもお値段もハイグレードですが、髪が痛まないこだわりも高いです。

アドストは、プレート表面の温度コントロールが自動で行われ、毛先に向かうほど温度が低くなるダメージモードなどが特徴。
60℃から設定できます。

ヘアビューロンは40℃の低温でも毛並みが整えられ、使うほどに髪質が美しくなる美“髪”器としても使えます。

関連記事

>>【ADST】アドストは全部で5種類!どれを買うべき?
>>ヘアビューロン口コミ&レビュー記事


その他の人気ヘアアイロンもしっかり温度設定できるのでどれも合格!
気になった機種があればみてみてくださいね。

まとめ

ヘアアイロンは一瞬でツヤツヤヘアが手に入る魔法のようなアイテムですが、温度設定を間違えると最も髪を痛める原因に。
あなたにあった温度に細かく調節ができることが、ヘアアイロン選びではとても大事!

笑顔

質の良いヘアアイロンで、髪を守りながらヘアアレンジを楽しみましょう。


特集!痛まないヘアアイロンでツヤツヤヘアを手に入れよう!

\ CLICK!! /