わかった

最近人気が急上昇しているロールブラシアイロン。
気になっている方も多いのではないでしょうか☺

わたしも、ロールブラシアイロン良さそうだなぁ・・・と思っていた矢先に、たまたま美容院で仕上げに使ってもらって感動💕

いつもは美容院では最後、ブローかコテで仕上げてもらうのですが、この時はロールブラシアイロンで仕上げてくださったんです。

美容師さんも「使いやすくてここ最近はずっとこれ!」と言っていて、わたしも早速ロールブラシアイロンを購入しました👍

そこでこのページでは

  • ロールブラシアイロンのメリット
  • 選ぶときのポイント
  • おすすめランキングBEST5

について順番に書いていきます。

ロールブラシアイロン購入の参考になれば幸いです☺

ロールブラシアイロンのメリット

ロールブラシアイロンは、コテのデメリットをカバーしたメリットがたくさん🙆

わかった

メリットを一つずつご紹介していきます。

メリット①:ヤケドしない

最も大きなメリットがコレ!
ヤケドしないことです。

通常のコテだと、金属部分がむき出しなので、オデコや襟足をヤケドしてしまうということが本当によくあります。

でも、ロールブラシアイロンは金属部がむき出しでなく、地肌に直接触れるブラシ部分は全く熱くないのでヤケドの心配がありません。

巻き髪に挑戦したいけれど、コテだとヤケドが心配という方はロールブラシアイロンが絶対おススメ!
お子さんのカールに使っている人も多いですよ💕

メリット②:手を添えてスタイリングできて簡単

ロールブラシアイロンは、片方の手でそっと添えながらスタイリングできるのがとても使いやすいです。

コテだと金属のクリップで髪を挟んでカールしていくのですが、カールの向きが分かりづらく、間違えるとカクっと折れて失敗してしまいがち。

でもロールブラシアイロンは手を添えてスタイリングするので、感覚的に使えるのが特徴で、向きを間違えることもありません。
(たとえ間違えても全く不自然にならないです🙆)

メリット③:ふんわり仕上がる

コテと違って、高温の金属クリップでプレスしないので、ふんわりとしたカールに仕上がります。

コテでスタイリングしたグリグリ巻き髪はあんまり好きではない・・・という方も多いと思いますが、ロールブラシアイロンならいい感じでふんわりカールが完成します☺

またショートヘアやボブの後頭部の立ち上げにもすごく適していて、後頭部を毛の流れに逆らって前向きにとかすだけでも自然にボリュームアップができます。

さらに、後頭部の毛を3段階に分けて後ろのほうからクルクルと巻いていけば、後頭部がふんわり持ち上がった知的なスタイルに仕上げてくれますよ👍

ロールブラシアイロンを使うときの注意点

とても便利なロールブラシアイロンですが、使うときに注意点が一つあります。

セミロング~ロングヘアの方が使うときに、根元までグルグルと巻かないこと🌀

ロールブラシはどうしても絡まりやすいので、毛先のワンカール~2カールくらいまでで止めておいてください。

髪の根元までぐるぐるぐると巻いてしまうと、いざブラシを外そうとしたときに『絡まって取れない💦』ということになってしまいます。

髪の中間部・根元もカールさせたい場合は、毛先からではなくて髪の途中からブラシを差し込んでクルッと巻くようにすると絡まらずにふんわりさせることができます☺

ロールブラシアイロンの選び方

最近、色々なメーカーから出ているロールブラシアイロンですが、選び方を間違えると思うようにスタイリングできないことも💦

わかった

購入するときに見るべきポイントをお伝えしていきます。

ポイント1:高温設定ができること

コテと違って、ブラシだけでスタイリングするためしっかり高温にならないと思うようにカールがつかない・すぐ取れてしまうということがあります。

通常コテの場合は150~160℃程度で十分ですが、ロールブラシアイロンは200℃程度まで上がるものを選ぶのが、しっかりスタイリングするためのポイントです

ポイント2:ロールブラシの太さ

髪の長さによって選ぶロールの太さが異なります。

ただ、コテよりもふんわりと仕上がるので、コテの選び方よりも多少細めを選ぶとよいでしょう◎

目安としてはショート~肩までの長さなら26mm・肩以上の長さであれば32mmを選ぶと使いやすいと思います

ポイント3:金属ピンがまじっているか

ほとんどのロールブラシアイロンはブラシ部はシリコンやナイロン製ですが、一部の商品では短い金属ピンが間に入っているものもあります。

金属ピンは高温になるため、よりスタイリングがしっかりできます。

特に剛毛・クセがつきにくいという人は金属ピンが混じっているロールブラシアイロンを選ぶと間違いないですよ👍


わかった

以上3つのポイントでロールブラシアイロンを選ぼう!

ここからは、おススメのロールブラシアイロンを厳選して5つご紹介します◎

どれを選ぶか迷ったらランキング上位の商品を選んで間違いないです☺

\ 使いやすいロールブラシアイロンの /

 

  1. SALONIAロールブラシアイロン

    太さ 26mm
    金属ピン なし
    重さ 325g
    温度設定
    100℃~180℃
    海外対応
    価格:
    3,218円(税込)

    >>購入ページ

    CHECK!総合評価! 3.6
    第5位はプチプラヘアアイロンで人気のサロニアです◎

    この価格で液晶表示・細かく温度設定ができる・海外使用OKなど機能性としては十分ですが、デメリットは180℃までしか温度が上がらないこと▲

    プレスしない分クセが付きにくいので、もう少し高温設定できるものを選ぶほうが安心かもしれません。

    判定!
    疑問

    温度設定が低めなところが▲。
    また太さも現在26mmのみです。

    >>サロニア【ロールブラシアイロン】

  2. パナソニック ヘアブラシアイロン

    太さ 26mm
    32mm
    金属ピン なし
    重さ 310g
    温度設定
    130℃
    170℃
    海外対応 ×
    価格:
    3,620円(税込)

    >>購入ページ

    CHECK!総合評価! 3.8
    第4位はPanasonicのブラシアイロン!

    特徴は、ロールブラシアイロンでは唯一、クリップがついていること◎
    くっきりカールしたいときはクリップを使って、ふんわりカールにしたいときはクリップは使わずと、その日のなりたいイメージで使い分けることができます。

    ただ、温度が130℃と170℃の2段階しかなく、少し物足りないです▲
    口コミでもカールがすぐに取れたという声も多くあるので、髪が細い人やクセが付きやすい人向けです🙆

    判定!
    疑問

    クリップがついていてくっきりカールができるのはコレだけ!
    ただ最高温度が低いので、クセが付きやすい人向けです。

    パナソニック ヘアブラシアイロン

  3. クレイツイオン ロールブラシアイロンII

    太さ 18mm
    26mm
    32mm
    金属ピン なし
    重さ 260g
    温度設定 160℃
    180℃
    海外対応 ×
    価格:
    6,980円(税込)

    >>購入ページ

    CHECK!総合評価! 4.1
    第3位はクレイツ!!
    クレイツの特徴は18mmの太さが選べること◎
    18mmがあるのはクレイツだけなので、特にショートヘアの人に使いやすいです👍

    また折り畳みのポータブルタイプ(26mm)もあります🙆

    判定!
    わかった

    第3位はクレイツ!
    ショートヘアの人にピッタリの18mmが選べます。
    海外使用はできないので注意してくださいね。

    クレイツイオン ロールブラシアイロンII

  4. アゲツヤロールブラシアイロン

    5段階

    太さ 25mm
    32mm
    38mm
    金属ピン なし
    重さ 344g
    温度設定 80~220℃
    海外対応
    価格:
    3,218円(税込)

    >>購入ページ

    CHECK!総合評価! 4.4
    第2位はアゲツヤ(AGETUYA)!
    この価格で220℃までの高温設定・海外使用・急速温度上昇など、機能面でかなり優秀なアイロンです🙆

    この中では最も設定温度が高く、クセがつきにくい人でも安心◎

    また38mmの極太が選べるのはアゲツヤだけ。
    ロングヘアで大き目のゴージャスカールにしたい人は特にアゲツヤがおススメです💕

    判定!
    わかった

    この価格帯では最もおススメ!
    最も高くまで温度設定もでき、また細かく変えられるので、どんな髪質の人にも◎
    太め38mmが選べるのもポイントです👍

    >>アゲツヤロールブラシアイロン

  5. Areti ロールブラシアイロン

    太さ 25mm
    32mm
    金属ピン
    重さ 260g
    温度設定 80~200℃
    海外対応
    価格:
    5,980円(税込)

    購入ページ

    CHECK!総合評価! 4.6
    1位はアレティのロールブラシアイロンです!
    アレティの特徴は、短い金属のブラシピンがあること◎通常は高温になるのはパイプ部分だけですが、アレティはブラシも一部高温になるのでスタイリング力がとても高いです👍

    また200℃までの高温設定もでき、海外使用もOK、さらに最も軽量で使いやすいです。

    美容院でもアレティを使っていて、わたしもアレティを買いました💕

    判定!
    わかった

    1位はアレティ!
    わたしも使っている商品で、とても使いやすいのでおススメです。
    ブラシに金属ピンが混じっているのはアレティだけ◎
    しっかりカールしてくれて、夜までそのままです💕

    Areti ロールブラシアイロン

ロールブラシアイロンで安全&簡単にカールスタイルを!

ロールブラシアイロンについてご紹介しました😍

わたしも最近ふんわりカールなら、もっぱらロールブラシアイロンを使っています。

ヤケドの心配もないし、安全!

またブローと違ってコツもいらないので、美容院でやってもらったのと同じカールが自分でもできます。
(注:わたしはすごーく不器用です💦)

今まで巻き髪にしたいけれどうまくできなかった・・・という人も、ロールブラシアイロンなら必ずうまくふんわりカールができますよ^^

可愛くスタイリングして、自信を持って楽しくお出かけしましょう💕

購入の参考になれば幸いです。