疑問

外側が熱くならないヘアアイロンが欲しい!
でもどれを買えばいい??

ストレートアイロンはコテほどではないですが、プレートの裏側がそれなりに高温になるものがほとんど!

ですので、前髪のスタイリング・襟足部分に使いたい場合・ショートヘアの方は裏側が肌に触れて「熱っ!!」となる危険があり、使うのが怖い・・・ということもあると思います▲

でも、プレート裏面が耐熱になっている商品を選ぶと、思い切って根元部分から使うことができます◎

わたしも最近はじめて外側が熱くならないヘアアイロンを使って、その使いやすさと安心感にびっくりしました♡

そこでこのページでは

  • 外側が熱くならないヘアアイロンのメリット
  • 失敗しない選び方
  • 厳選!おすすめランキング!

について順番にご紹介していきます。

笑顔

ヘアアイロン選びの参考になれば嬉しいです^^

外側が熱くならないヘアアイロンのメリット

外側が熱くならないヘアアイロンは基本的にプレートの厚みが薄いものが多いです◎

厚みが薄い商品は根元から挟みやすいというメリットがありますが、その分プレートの温度が裏側まで伝わりやすくヤケドの危険性が増します。

ですので、厚みが薄いヘアアイロンは特に裏面にフェルト等の耐熱加工でヤケド防止対策がなされているのです◎

耐熱加工がしてあれば裏面はほとんど熱くないので、オデコ・襟足部分に触れても熱くないのがメリット!

本体の薄さのおかげもあって、ショートヘアやボブの方でも、より根元からスタイリングすることができます。

わたしも先日、裏面耐熱の薄いタイプのヘアアイロンを使ったのですが、

こんな感じでオデコに直接触れていても全然熱くなくて、安心してスタイリングができました♡

普通のヘアアイロンと比べて、前髪もより根元からしっかりクセを伸ばすことができ使いやすさに感動◎

また、裏面が熱くならないので、こんな感じで↓

プレートにあたる部分をダイレクトに手でつかむことができるので、力の加減がしやすく、強く挟みすぎて髪を痛めてしまうことを避けることができます^^

また挟む力も少なくてすむので、手が疲れないメリットも◎!

このようにメリットがたくさんありますが、

疑問

裏面耐熱ヘアアイロンのデメリットはあるの?

というと、唯一のデメリットがくるくるの巻き髪ができないこと。

裏面が熱くなるストレートアイロンだと、熱を利用して巻き髪ができますが、裏面耐熱だと巻き髪ができません。

ですので、カールには不向き??と思っていましたが、実際には毛先のワンカールなら全く大丈夫!
こんな感じで↓

わかった

毛先を自然に内巻きにすることなら簡単にできます◎

ショートヘアの方でも、本体の薄さを利用してクセ毛風にもできますよ^^

失敗しない選び方のポイントは3つ!

裏面耐熱のヘアアイロンを選ぶときに大事なポイントは3つ◎

わかった

この3つを押さえておけば、必ず満足するヘアアイロンを選ぶことができますよ!

ポイント①:本体が薄い

裏面耐熱のヘアアイロンのメリットは【より根元からスタイリングできる】こと!

外側が熱くならないことと同じくらい《プレート部分が薄い》ことがとっても重要です◎

裏面耐熱でも、厚みがあるものを選んでしまうと期待していたほど根元から使えないということになりますので、プレート部分がしっかり薄いものを選びましょう。

ポイント②:コンパクトで軽量

外側が熱くならないヘアアイロンを選ぶ方は、ショートヘア・ボブの方が多いと思います。

髪が短い方にとって使いやすいヘアアイロンは【取り回しのよいヘアアイロン】!

チョコチョコと動かしながら使うので、コンパクトで軽量なものを選ぶのが正解◎

コードが絡まりにくい360℃回転コードも大事なポイントです。

ポイント③:温度上昇が早い

これは裏面耐熱の商品に限らず、どんなヘアアイロンでもそうなのですが、毎日使うものなので【温度上昇が早い】のも大事なポイント!

ほんの数分の違いでも、忙しい朝には「早く早く・・・!」と思ってしまうことも多いので、できるだけ温度上昇が早いヘアアイロンを選ぶと毎朝ストレスなくスタイリングができますよ◎

わかった

以上3つのポイントを重視して【外側が熱くならないヘアアイロン】のおすすめ商品を厳選しました!

\ 外側が熱くならないヘアアイロンの /
  1. ワンダムonedam

    プレート薄さ
    裏面耐熱
    温度設定 60℃~200℃
    海外対応 ×
    重量 250g
    価格:
    10,800円(税込)

    CHECK!総合評価! 4.1
    第3位はワンダムのヘアアイロン!
    プレート裏面に耐熱処理があり首元などヤケドしにくいのがメリット。
    ただその代わり、裏面が熱くならないためカールは不可です。
    プレート幅が広い・厚みもあるのである程度の髪の長さがある人向け。

    判定!
    疑問

    メンズ用品で有名なワンダムですが、プレート幅が広く、厚みもあるので若干使いにくい点で▲です。

    ワンダムonedam

  2. Nobby NS3000

    プレート薄さ
    裏面耐熱
    温度設定 60℃~200℃
    海外対応
    重量 325g
    価格:
    9,980円(税込)

    CHECK!総合評価! 4.1
    第2位はノビー!
    ノビーはもともと業務用商品ですが、このNIS3000は機能をそのままにコード長さなど家庭用に使いやすく改良したモデルです!

    温度設定も1℃単位で細かく制御してくれ、この価格でこの機能性は破格◎

    1位の商品に比べると若干プレートの厚みがあるので2位にランクしましたが、コスパ面ではノビーに勝るヘアアイロンはありません◎

    判定!
    わかった

    第2位はノビー!
    業務用ブランドで文句なしの性能^^
    1位の商品ほど予算がない場合はノビーにして間違いなし◎

    Nobby NS3000

  3. >>ADST Premium DS2

    プレート薄さ
    裏面耐熱
    温度設定 60℃~180℃
    海外対応 ×
    重量 290g
    価格:
    24,000円(税込)
    CHECK!総合評価! 4.6
    1位はADST【DS2】です!
    わたしも持っていますが、機能面でも性能でもパーフェクト◎サロンでも愛用されているプロ用で、縮毛矯正に使われるほどスタイリング力はバツグン!プレート周りの厚みが特に薄いため、短い髪も根本からしっかりキャッチしてクセを伸ばせます。
    また重厚そうに見えますがとっても軽くてコンパクトなので使いやすさもNo.1◎髪の痛みも感じず、ツヤツヤに仕上がりますよ^^

    判定!
    わかった

    1位はアドスト!
    高級ヘアアイロンですが、お値段以上に使いやすく丈夫◎
    わたしも持っていますが、買って必ず満足する商品です!

    >>ADST Premium DS2

まとめ

外側が熱くならないヘアアイロンについて特集しました◎

このランキングで取り上げた商品はどれも軽量コンパクトで、裏面耐熱もピッタリです!

あなたの予算・ヘアスタイルに合わせて、ここから選んでみてくださいね◎

笑顔

ヘアアイロン選びの参考になれば幸いです^^

関連記事

【口コミ×アドストDS2】実際に使ってみた感想を写真付で公開♡